アービトラージとは何か

アービトラージとは何か

最近アービトラージという取引手法がよく話題になっていますが、このアービトラージとは一体何なのでしょうか?

Wikipediaによれば、
「裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)ともいう。
通常「裁定」とは、A、B、Cから一者を選定する際に選挙や抽選ではなくABC以外の権威者の指名によって決することをいうが(たとえば「椎名裁定」)、裁定取引はこの「裁定」とは関係がない。」
と説明されています。


FX取引においては、金利差もあり、価格差もありますので当然裁定取引は成立するはずですね。

一方、SMBC日興証券の用語解説では、

「裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。

株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。
理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却するのと同時に現物を購入することを「裁定買い」といい、理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入するのと同時に現物を売却することを「裁定売り」といいます。

また、例えば、先物を売って現物を買うという裁定取引のポジションを組み、その後、利益を確定するために先物を買い戻して現物を売るといった反対売買を行うことを「裁定解消」と呼び、その際に行われる現物の売りのことを「裁定解消売り」ともいいます。

なお、裁定取引は、株式市場の現物と先物だけでなく、為替、金利、商品(コモディティ)など、さまざまな市場で行われています。」と説明されています。


こちらの説明が、よりわかりやすく具体的ですね。
ところで、一般例としてwikipediaでは、次のような例をあげています。

・・・・
ある場所では豊富に存在していて安い商品が、ある場所では極めて貴重で高値で取引されていたとする。

その事実を知っていれば、安いところで買い、高いところに持って行って売るだけで、利益を得ることが可能となる。

例えば、日本などの水資源が豊富な地域では水は希少性が乏しいため、極めて安価である。
しかし、この水を砂漠のような水の希少性が高い地域に運んでいけば、高値で売ることができる。

金融の世界でも同様な取引があり、金利の低いところで金を借り、金利の高いところで貸し出せば、元手が少なくても多額の利益を手にすることが出来る(レバレッジ)。
このような取引が行われた結果、価格(金利)の低い市場では需要増大で価格(金利)が上がり、価格(金利)の高い市場では供給増大で価格(金利)が下がり、次第に価格差や金利差が収斂していく。
価格が収斂していくこの過程を一物一価の法則という。


同じ品質(財の同質性)の二つの商品に異なる価格が成立していることが知られている(完全情報)場合、両者の価格差は裁定取引の対象となる。

裁定取引の対象となるまでは、分断された別々の市場として別の価格がついていても、対象となれば価格が収斂していくので、裁定取引には市場の接続、あるいは拡張の効果があることになる。

こうすることで、より必要なところへ必要なものが供給され経済の資源配分が効率的になる。

不確実性のない市場では裁定取引を行う機会がないため、裁定取引非存在条件が成り立つ。
・・・・


なにか難しい説明がされていますが、要は2つ以上の異なる場所及び時間において同じ商品が異なる価格で売買されているとすれば、高い地域には安い商品が流れ込み次第に両地域の価格差が解消されていく法則があるということで、この一連の過程で、両地域の価格差をうまく利用すれば、その差の分だけ儲けを得ることができるというものです。


しかし、同じ商品に価格差が出るのはほんの一瞬の場合が多く、これを瞬時に捉えて取引を行うには、それなりの高度なツールとかネット環境が存在する必要があると言われています。

FXの世界でも同じです。

FXの世界において、金利差や価格差を利用してその鞘を得ようとする取引手法が、アービトラージFXと言われています。

で、もしこのような方法があれば、リスク無しに100%稼ぐことができるわけです。
それだけに、非常に魅力的な手法でもあります。
実は、商品取引や株式市場取引において現物価格と先物価格の鞘を利用したり、FXの場合には為替価格異なる市場において同一時間帯にレートが異なっている場合があります。
これをいち早く発見し、そして瞬時に売買すれば、コストはかかりませんので、価格差だけで利益を得られます。

このようにアービトラージには、商品、株式、FX、ブックメーカー(スポーツアービトラージ)、広い意味の「せどり」(安い商品を仕入れて、高い価格が維持されているオークション市場などで売るなど)などがあります。
スポンサーサイト

プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック