スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーチャルFX

バーチャルFX

メールアドレスさえ持っていれば簡単に申込む事ができるバーチャルFXは、年齢制限もなく未成年でも参加可能で、すぐに取引を始められます。また、パソコンだけでなく、携帯電話やPDA等にも対応していて、24時間取引をする事ができるのがうれしいですね。さらに、ランキング方式で上位に入賞すると賞品がもらえるようなサービスもあって、楽しくFXの知識を学ぶ事ができます。バーチャルFXの仕組みは、正式なトレードシステムと全く同様になっていて、架空の資金を使って証拠金の保全やリスクマネージメント、レバレッジなどのFXに必要な基本的な知識を身につけられるのです。ちなみに、バーチャル取引を開始する資金としては、500万位からとしている会社が多いようですね。おすすめFX初心者情報はこのサイトでもご紹介していますが、それ相応の知識は頭に入れたつもりでも、いざ実際に取引を始めてみるとなかなか感覚がつかめないという事もありがちですから、バーチャルFXでFX取引のノウハウを楽しく覚えて、それからゆっくりと本番に臨むのがお勧めな方法だといえるでしょう。

【新発売】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版




スポンサーサイト

為替変動

為替変動

為替変動のその他の要因としては、地政学的リスクや原油価格、為替介入などが上げられます。地政学的リスクとしては、以前は有事のドル買いといわれて米ソ冷戦時代はとくに戦争など有事の際にはドルが買われることが多くありました。しかし、最近ではアメリカ自身に関わる有事が多いためか、機軸通貨としてのドルは力を失いつつあり、逆に有事のドル売りという現象が起こっています。また、原油価格も為替変動の要因となっています。依然は、原油価格が上昇すると円安ドル高になることが多くありましたが、最近では逆にドル安が進むようになりました。おすすめFX初心者情報はこのサイトでもご紹介していますが、これは多くの投資家が、原油価格の高騰は日本経済よりもアメリカ経済に対して悪影響を及ぼすとの判断によってその流れがかわってきたようです。

相場が一方に極端に動き、好ましくない状況であると通貨当局が判断した場合に市場介入をすることを為替介入といいます。しかし、通貨当局の市場介入は、為替相場の需要供給を構成する要因として影響を与えることがあります。おすすめFX初心者情報はこのサイトでもご紹介していますが、最近では、口先介入という変わった介入の仕方が意図的に行われることもあるようですね。

【新発売】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版




fx初心者の必勝法とは

fx初心者の必勝法とは
中堅のFX会社と比べても同等かそれ以下の手数料を実現し、デイトレの手数料においては無料というのがアクロスFXです。また、口座維持費も無料だけでなく、投資資金についても少ない金額で始められるようになっています。また、FX初心者にとっては嬉しいFX取引に関するWEB対応の無料セミナーの開催やポイントサービスなどもあったりととにかくサービスが多彩なんですよ。おすすめFX初心者情報はこのサイトでもご紹介していますが、その他には、ユーザー側に立ったサービスの提供として、新規や決済注文が同時に出せるIFD注文等注文方式も多様な上に、携帯での取引も可能なところでしょうか。また、新規企業でありながら、充実したサービスやサポートを徹底している事や、常に安定した取引環境と取引レートの良さには定評があるようで、FX初心者にとって安心な取引を行う事ができるの点が大きなポイントでしょうね。

【新発売】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版




外国為替 レートはなぜ動く?

FX、外国為替レートとは?なぜ動く?


為替レートとは、違う2つの国の通貨の交換レートです。

一番馴染みのある通貨は米ドルと円のペアではないでしょうか。

例えば為替レートが1米ドル118円15銭だと

1米ドルと118円15銭を交換できます。

世界の基軸通貨はアメリカのドルです。

全ての通貨が米ドルのレートが基準になります。


為替レートは各国の通貨の需給によって為替レートが動きます。

為替レートが動く要因は色々とあります。

その国の政治、経済、金利政策、戦争、最近ではテロなどがあります。

これをファンダメンタルと言います。

ちなみに9.11の同時多発テロ時は米ドルは大きく売られました。

戦争が起これば有事のドル買いと言われます。

また通貨は投機目的でも取引されます。チャートを見ながら

今後の通貨の動きを予想して取引をします。

これをテクニカルと言います。

為替レートは、このファンダメンタルとテクニカルの

2つの要因で動いています。



FXのシステムトレードとは

FX、外国為替証拠金取引のシステムトレードとは
外国為替証拠金取引(FX)のシステムトレードとはソフトや

プログラムなどを使い機械的に為替を売買をする手法です。

株や商品先物、為替FXをトレードして利益をあげようとする場合、

データや情報に振り回されたり、下落の恐怖などの感情で判断してしまい、

結局、恐怖心に耐えかねて損切りしたり、まだ上がるんじゃないかと

利益確定が遅くなり、パフォーマンスの良い為替取引ができなくなります。

ランキングにご協力をお願いします

外国為替証拠金取引(FX)のシステムトレードは、人間的な感情を排除し、

機械的に決められたルールにそった為替トレード、FXの取引を行うものです。


私も以前は、勘や自分の相場観だけで取引をしていました。

しかし、自分の感情をコントロールできずに損を拡大させていきました。


FX、外国為替証拠金取引は為替相場、スワップ金利、レバレッジ(てこの力)

など多くの要素が組み合わさって複雑に変動します。

外国為替証拠金取引(FX)のシステムトレードは、一時的な感情に

左右されては儲けることができません。

外国為替証拠金取引(FX)のシステムトレードをすることで

10万円とか20万円とか一度に大きな利益を狙うのではなく、

コンスタントに利益を出すことができるように

なると言われています。私もそれを目指しています。

一回の利益の目標を3万円から5万円に設定しています。

実際に外国為替証拠金取引(FX)でシステムトレードをするならば、

システムトレードのルールを変更することなく機械的に、感情をなくして

売買することが大切です。現在、私も機械的にシグナル通りに売買

しています。それにより精神的負担がなくなりました。

最近の主流はパソコンにシステムトレードのソフトをインストールし、

自動的に売買する方法です。私も複数のシステムを使いトレードしています。

個人でも表計算ソフトを使ったシステムなどで応用できるので

自分にあったトレードをするためのシステムを確立することがとても大切になります。

みなさんも是非、為替、FX、外国為替証拠金取引のシステムトレードを

始めてみては如何ですか。

【新発売】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版




FX、外国為替証拠金取引のリスク管理

FX、外国為替証拠金取引のリスク管理

外国為替証拠金取引(FX)は資金が少なくても、レバレッジ(てこの力)を使うことで、

大きな金額を扱うことができます。例えば1ドル115円の時にレバレッジ10倍で

1万ドル買うとしましょう。115円×1万ドル÷10(レバレッジ)=115,000円の資金が必要。

しかし実際に1万ドルを買うのは1,150,000円必要です。これがレバレッジの力です。



変動する為替レートのある時点で買うことをポジションを取るといいます。

そのポジションに対して、1倍、2倍、3倍といったレバレッジを設定しておくことで、

レートが変動したら外国為替証拠金取引(FX)の利益も1倍、2倍、3倍となります。

もちろん損失リスクも1倍、2倍、3倍と増えていきます。


ちょっとここでシュミュレーションをしてみましょう。

1ドル115円で1万ドルを買ったとします。

先程も計算しましたが、実際に買った通貨の値段は、1,150,000円になります。

そこで円安になり1ドル116円になりました。116円×1万ドル=1,160,000円となり、

1万円の為替差益が出たことになります。

逆に円高になった場合です。1ドル115円で買ったものが114円になってしまいました。

さて、その損失はいくらでしょう?そうですね。114円×1万ドル=1,140,000円になり、

1万円の為替差損になってしまう訳です。

レバレッジ10倍の時の証拠金が115,000円だったので1円動くだけで証拠金の10%に

あたる1万円の損をしてしまう訳です。

外国為替証拠金取引(FX)をする時にはレバレッジのコントロールすることが

とても大事になる訳です。

外国為替証拠金取引(FX)のリスク管理は、保有したポジションが変動し、

損失が出た時に、どこまで損失を許容できるかを判断し、損失の許容を超えた場合は、

速やかに損失を確定して手を引くことに尽きます。

これをロスカット、ストップロス、または損切りといいます。

また外国為替証拠金取引(FX)にはマージンコール(強制決済)というものがあります。

外国為替証拠金取引(FX)会社によってマージンコールの率は違いますが、

ある程度の損失がでると強制的に決済されるか追加の証拠金が要求されます。

マージンコールは絶対に避けるべきです。マージンコールがこないように

レバレッジのコントロールとストップロスの設定(いくらになったら損切りをするか)、

更に余裕の資金で取引をすることが必要ですし、結果的にこれが

外国為替証拠金取引(FX)をする上でんのリスク管理になります。


「ツナギ売りの真髄」 ~市場の上げ下げに関係なく利益を出すための賢いポジション構築講座



FX初心者の必勝法、投資方法(2)

FX初心者の必勝法、投資方法(2)
FX初心者の必勝法、投資方法の2回目です。1回目はこちら

FXの初心者は為替差益狙いなのか、スワップ金利狙いなのか選択する必要があると書きました。私の投資プランは200万円の資金でドル円を10万ドルしか買いませんと前回書きました。

それはマージンコールを避けたいからです。

ドル円が120円の時に200万円で10万ドル、レバレッジ20倍程度で買うとマージンコールは14円の円高にならないときません。

しかし20万ドル買えば、証拠金が120万円になり、残りの維持証拠金が80万円、4円の円高でマージンコールがきます。30万ドル買えば証拠金180万円となり、残りの維持証拠金が20万円。わずか60銭円高に動いただけで強制決済、マージンコールがきます。

FXの初心者は、資金いっぱいの取引をしてしまい、急激な円高に耐えれず、泣く泣く損切りをする事態になります。

もし初めからスワップ金利狙いであれば、残りの維持証拠金に余裕を持たせてFX取引をします。それにより定期預金のようにFX取引をすることができます。

含み損を抱えてしまうこともありますが、マージンコールがこなければ決済する必要がないのでスワップ金利だけ毎日受け取れます。

しかし大きな含み損を抱えないようなFX取引をする必要はあります。決して損切りを否定しているのではありません。資金に余裕があれば損切りしない投資方法もできるということです。資金に余裕がない方は、取引額を小さくすると良いでしょう。

FXの初心者はスワップ金利で利益を出すことが一番勝てる投資方法だと私は思います。十分にリスク管理をし、無理のないFX取引をして下さい。

私は200万円の資金しかありません。そのためスワップ金利狙いではなく為替差益狙いの投資方法を選択しました。

「ツナギ売りの真髄」 ~市場の上げ下げに関係なく利益を出すための賢いポジション構築講座

FX初心者の必勝法、投資方法(1)

FX初心者の必勝法、投資方法(1)
FXの初心者が負ける要因として投資方法が確立できていなことが挙げられます。例えば、為替差益を狙うのか、或いはスワップ金利を狙うのか、明確なプランが必要です。その明確なプランを立てることがFX必勝法に繋がります。

FXの初心者は為替差益狙いなのか、スワップ金利狙いなのか選択する必要があるでしょう。私の投資プランを例としてみます。

私が投資に回せる資金は200万円です。この資金をドル円でレバレッジ20倍程度で運用するプランを立てたとします。ドル円が120円の時に10万ドル買うと・・・

120円×10万ドル÷20レバレッジ=60万円

10万ドル買うのに維持証拠金が60万円必要になります。なぜ全額、200万円のドルを買わないのか?それはマージンコールを避けたいからです。この場合ならば14円の円高でマージンコールがきます。120円でドル円を買った場合、ドル円のレートが106円になるまではマージンコールがこないのです。

しかし20万ドル買えば・・・つづく

「ツナギ売りの真髄」 ~市場の上げ下げに関係なく利益を出すための賢いポジション構築講座



プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。