ギリシャ破綻か?FX市場はリスクが高まることで円高?株は大波乱か?

もともとギリシャは破綻が危ぶまれてきました。
ユーロの財務省会合でついに債務返済期限の再延長はしないと決めたことで、ギリシャの債務デフォルトが確定的となって、ギリシャ国内では、国民が銀行預金の引き下ろしのため殺到し混乱に拍車をかけている状況です。

ある意味では、これでスッキリしてユーロの方向性もしっかりと決まるのでないかと。
リスク回避のための円高は十分考えられます。
どうなるユーロ

日本の円も、国の借金が1000兆円を超えて、果たしてリスク回避のために日本円を買ってもいいのか?という懸念はあるにしろ、日本の借金は、自国国民の財産を食っているだけなので、特に返済に困るわけでもないということで、外人は安心して円にシフトしてくるのが円高の要因。

とても常識では考えにくい状況なのですが、円高に振れてしまうのですね。
ま、アベノミクスで円安にふれすぎたので、良いタイミングかもしれませんね。

ユーロ圏全体の経済規模からして今回のギリシャ問題は、そんな大きなダメージはありません。
ギリシャの債務の額にしても、全体から見ると大した額ではない。
ただ、ギリシャ国民が緊縮を嫌い、債務返済の延長を要求していることに、お灸をすえた形になったのかもしれません。

いずれにしても、損切りなしの両建て作戦なら、少しも慌てることはありません。



東京市場 29日は大荒れか2015年6月28日(日) 22時38分掲載
Movie
ギリシャの「債務不履行」想定、対応策協議(日本テレビ系(NNN))
週明け29日の東京市場は大荒れか、高まるギリシャのデフォルト懸念
 週明けの東京金融市場は、投資家のリスク回避姿勢が強まりそうだ。ギリシャがデフォルトに陥る可能性が高まったことでユーロを売って円を買う動きが強まったり、株価が大きく下落するなど大荒れとなる懸念がある。(産経新聞)



ユーロ圏財務相会合が30日に切れる現行金融支援の期限を延長しないと決めたことで、ギリシャがデフォルト(債務不履行)や財政破綻に陥る可能性が急浮上した。国民投票発表によって欧州連合(EU)相手に大胆な賭けに打って出たチプラス首相だが、強気の姿勢が裏目に出る恐れが強まった。市場でユーロ圏離脱論が高まるのは必至だ。毎日6/28

スポンサーサイト

アービトラージとは何か

アービトラージとは何か

最近アービトラージという取引手法がよく話題になっていますが、このアービトラージとは一体何なのでしょうか?

Wikipediaによれば、
「裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)ともいう。
通常「裁定」とは、A、B、Cから一者を選定する際に選挙や抽選ではなくABC以外の権威者の指名によって決することをいうが(たとえば「椎名裁定」)、裁定取引はこの「裁定」とは関係がない。」
と説明されています。


FX取引においては、金利差もあり、価格差もありますので当然裁定取引は成立するはずですね。

一方、SMBC日興証券の用語解説では、

「裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。

株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。
理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却するのと同時に現物を購入することを「裁定買い」といい、理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入するのと同時に現物を売却することを「裁定売り」といいます。

また、例えば、先物を売って現物を買うという裁定取引のポジションを組み、その後、利益を確定するために先物を買い戻して現物を売るといった反対売買を行うことを「裁定解消」と呼び、その際に行われる現物の売りのことを「裁定解消売り」ともいいます。

なお、裁定取引は、株式市場の現物と先物だけでなく、為替、金利、商品(コモディティ)など、さまざまな市場で行われています。」と説明されています。


こちらの説明が、よりわかりやすく具体的ですね。
ところで、一般例としてwikipediaでは、次のような例をあげています。

・・・・
ある場所では豊富に存在していて安い商品が、ある場所では極めて貴重で高値で取引されていたとする。

その事実を知っていれば、安いところで買い、高いところに持って行って売るだけで、利益を得ることが可能となる。

例えば、日本などの水資源が豊富な地域では水は希少性が乏しいため、極めて安価である。
しかし、この水を砂漠のような水の希少性が高い地域に運んでいけば、高値で売ることができる。

金融の世界でも同様な取引があり、金利の低いところで金を借り、金利の高いところで貸し出せば、元手が少なくても多額の利益を手にすることが出来る(レバレッジ)。
このような取引が行われた結果、価格(金利)の低い市場では需要増大で価格(金利)が上がり、価格(金利)の高い市場では供給増大で価格(金利)が下がり、次第に価格差や金利差が収斂していく。
価格が収斂していくこの過程を一物一価の法則という。


同じ品質(財の同質性)の二つの商品に異なる価格が成立していることが知られている(完全情報)場合、両者の価格差は裁定取引の対象となる。

裁定取引の対象となるまでは、分断された別々の市場として別の価格がついていても、対象となれば価格が収斂していくので、裁定取引には市場の接続、あるいは拡張の効果があることになる。

こうすることで、より必要なところへ必要なものが供給され経済の資源配分が効率的になる。

不確実性のない市場では裁定取引を行う機会がないため、裁定取引非存在条件が成り立つ。
・・・・


なにか難しい説明がされていますが、要は2つ以上の異なる場所及び時間において同じ商品が異なる価格で売買されているとすれば、高い地域には安い商品が流れ込み次第に両地域の価格差が解消されていく法則があるということで、この一連の過程で、両地域の価格差をうまく利用すれば、その差の分だけ儲けを得ることができるというものです。


しかし、同じ商品に価格差が出るのはほんの一瞬の場合が多く、これを瞬時に捉えて取引を行うには、それなりの高度なツールとかネット環境が存在する必要があると言われています。

FXの世界でも同じです。

FXの世界において、金利差や価格差を利用してその鞘を得ようとする取引手法が、アービトラージFXと言われています。

で、もしこのような方法があれば、リスク無しに100%稼ぐことができるわけです。
それだけに、非常に魅力的な手法でもあります。
実は、商品取引や株式市場取引において現物価格と先物価格の鞘を利用したり、FXの場合には為替価格異なる市場において同一時間帯にレートが異なっている場合があります。
これをいち早く発見し、そして瞬時に売買すれば、コストはかかりませんので、価格差だけで利益を得られます。

このようにアービトラージには、商品、株式、FX、ブックメーカー(スポーツアービトラージ)、広い意味の「せどり」(安い商品を仕入れて、高い価格が維持されているオークション市場などで売るなど)などがあります。

ドル円と日経225の相関性を利用して儲けよう

ドル円と日経225の相関性

ドル円と日経225の相関性は、市場関係者の間では常識になっております。そこで、巷にはこのドル円と日系225の相関性を利用した投資法についての解説本が、幾つも並べられています。

最近はアベノミクスによるドル円の上昇が続き同時に日経225も上昇を続けてきました。
この両者のチャートを見比べてみますと、非常に相関性が強まっていることがわかると思います。

そこで今の時期には絶好とも言える取引手法が公開されています。

実はこの手法の開発者、私も存じあげている方ですが、、元野村證券の持田有紀子先生です。

持田先生は、2003年の米軍のイラク侵攻以来、一貫してトレードに活用し、年ベースでの無敗を続け、大きく稼ぎ続けておられます。


お聞きしますと、持田有紀子先生の直近の個人のトレード成績は、次のようです。

2014年12月~2015年4月の「5ヶ月間」で、
「50万円」の元本に対して、利益は「1,434,100円」となっており、「287%」のパフォーマンスを上げてらっしゃいます。

これってすごくないですか、すごい成績だと思います。

私は、この手法に、私が推奨する山田剛士先生の「勝率9割!損切り不要のFX投資術」「ツナギ売り実践塾」の考え方をミックスすることにより抜群のパフォーマンスが得られると考え、紹介することといたしました。

どうかじっくり検討なさってください。




さてこの手法の特徴は何か。
ちょっと変わった投資法ですが、投資成績は抜群です。

特徴1

 月に40%の利益が見込めるというすごい手法です。
元本が大きくても小さくても40%を見込めます。
本来なら元本が大きいほうが安全に運用できます。
私なら、さらに安全にこの手法を運用します。

持田先生は、月の収益を1.5倍にしようと取り組んでいますが、それだと、とんでもないことになりますので、40%程度で落ち着くというのが妥当なところです。


特徴2

いつでもトレードできるのも特徴です。 早朝であろうが、深夜であろうが、仕事前であろうが、仕事後であろうが、自分の空いた時間にトレードをすることができるのは、最も使いやすい手法です。

通常の手法ではパフォーマンスを最も良くするためにという理由で、夜の9時以降1時くらいまでの時間を指定したり、早朝を指定したりされますので、、その時間帯が自由にならなければ非常に使いづらいし、ストレスが貯まります。
その点、持田先生の3次元FXなら、時間帯にこだわる心配はありません。

特徴3

毎日トレードできることです。
「相関性」を利用すれば相場の波は関係ありません。 ボラティリティが無くても構いません。 凪のような相場でも利益を残せます。
これもすごい特徴です。

特徴4

最少の労力ですみます。
相場に向き合っている時間は、実際のトレードを含めて1回あたり5分から30分くらいといいます。考える時間もこの時間帯で十分です。

特徴5

短期勝負です。
エントリーは、その時点で、利益と損失を確定させて注文するので、あとはパソコンを閉じて遊んでいても大丈夫です。

特徴6

「5万円」から開始できます
こんなに少額からでも開始できます。
これは、これからFXを始めようとする初心者にも非常にやさしいです。

特徴7

リスクが限定されている。
リスクコントロールのルールが明快なので、 損失が膨らむ前に損切りをしていきます。
この手法に、「損切りのない両建て手法」の考え方を付加すれば鬼に金棒ではないでしょうか?


特徴8

短期間で手法をマスターできます。
3日もあれば十分。
知識ゼロの初心者そして、投資経験の無い、知識がまるっきりゼロの初心者であっても、 3ヶ月もあれば実践も含めてマスターすることができます。
勘のいい人であれば3日もあれば十分です。

特徴9

10年、20年と使い続けることができる
今までの手法は、せいぜい5年が限度でそれを経過すると使い物にならなくなりました。
その点「3次元FX 」は 「相関性」を利用した相場の本質を捉えた手法なので、 相場が存在する限り活用することができます。 したがって「手法が廃れる」ということはありません。

特徴10

がむしゃらに勉強する必要もありません。
あなたは、この手法を使ってお金を儲けるだけで良いのです。


さて、「ドル円」と「日経先物」の値動きの【相関性】と言っても、特に難しい話ではありません。

「ドル円」が上がると「日経先物」も連動して上がる。 ドル円」が下がると「日経先物」も連動して下がる。

「日経先物」が上がると「ドル円」も連動して上がる。「日経先物」が下がると「ドル円」も連動して下がる。

今の米国と日本のマーケットには「ドル円」が先行して「上がった」ら、 「日経先物」も付いて「上がって」くるという強い相関関係にあります。

その相関関係の強さを利用した手法なのです。

この手法は、元野村證券の持田有紀子先生が、 2003年の米軍のイラク侵攻以来、一貫してトレードに活用し、 年ベースでの無敗を続けてきた手法なのです。

何と、 持田有紀子先生の直近の個人のトレード成績は、2014年12月~2015年4月の「5ヶ月間」で、「50万円」の元本に対して、 利益は「1,434,100円」となっており、 「287%」のパフォーマンスを上げているのです。




元野村證券の持田先生の手法です。多くのファンドマネージャーも使っています。



プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック