「セル・イン・メイ」はイギリスの相場格言、その根拠は?

セルインメイはイギリスの相場格言である。
本場では、Sell in May, and go away;don’t come back until St leger day.という。

直訳すると、5月は売ってしまえ、そしてどこなりと遊びに行ってしまえ、11月のセントレジャーデーまでは、戻ってくるな。

というものだ。

セントレジャーデーとは、イギリスは競馬の国で、日本で言えば「菊花賞」に当たるセントレジャーステークスというメインレースが9月第2土曜日にあるので、その日をセントレジャーデーという。

このようにイギリスでは、「9月第2土曜日からが、株の買い時だよ」という意味らしい。

一方アメリカでは「Sell in May, and go away」とここまでだ。
5月には売ってしまってから何処かに行きなさい。というだけになっている。

そして常識的には、10月31日のハロウィンからが買いどきだとされている。


これが、日本ではどのように理解されたのか、5月には株が下がるので、その前に売ってしまえとの理解になってしまった。

しかし、その根拠はあるのだろうか。

ヘッジファンドの決算が5月に集中(じつは6月・12月も多く一概に言えない)
過去の経験則では5月~10月よりも、11~4月の方が株価に勢いがあり、とくに夏場は株価は停滞または値下がりすることが多い
6~10月は欧米で夏季休暇を取る人が増え、相場が閑散となる(日本はお盆あり)

というのが根拠になっているらしいのだが、どれも、明確な根拠とは言えそうもない。

ま、セル・イン・メイは、「みんながそう思えばそうだ」という程度の相場のジンクスであり、心理的な面での影響も軽微と言えそうだ。

しかし、相場は心理戦でもあり、市場は雰囲気に流されやすい。買いは買いを呼び売りは売りを呼ぶというように一方通行になりやすいのも事実だ。

なお、5月は実際には上昇した年のほうが僅かに多いのだが、その後夏場にかけて相場が低迷することが多いことは、過去の実績を調べて見る限りでは間違いない。

そうなれば、5月という月は、やはり相場にとっては注意しなければならないだろう。
スポンサーサイト

プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック