両建ての必殺技

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(ファイルのみ)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」1年間アクセス権付き

---------------------------------------------------------------------

両建てによる必殺技はあるか?

これまでも述べて参りましたが、「両建て」はヘッジの手法です。
負けないことが勝つことであるという大原則にたった手法なのです。

例えばドル円が今回のアベノミクスによる円安傾向がかなり続くと仮定した場合、
すなわち日足や週足、月足などで上昇傾向が続いていると判断した場合、4時間足を見ると、かなりジグザグがあり、レンジ相場を作っているとすれば、そのレンジの下限付近では「買い」を入れ、上限付近では売りを入れます。

これで一定の利幅が確保されました。
これで両建てになりました。

基本的に、円安傾向が続くと判断していますので、「買い」は持続するようにします。

したがって、相場の推移によって「売り」だけを利確します。

すなわち売りを仕掛けてその後下がってきた所で売りを決済することです。

さらに、いずれ反発し、前回の売り地点を超えて上昇した所で、再度売りを入れます。

これで両建てになりました。

そしてまた、その売りポジションが利益が出た所で、売りだけを決済し利益を取ります。

[両建ての必殺技]の続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック