スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXに勝つための基本・資金管理について

FXに勝つための基本・資金管理について

ここでは、FXで勝つための基本の基本について、お話します。

まず、レバレッジを自分の資金力に合わせて、適切に設定すること。

とにかく、FX市場から退場させられてしまっては絶対に勝てません。
退場させられないよう、資金力には常に監視を怠らないことです。

レバレッジとは、証拠金の何倍までの取引ができるかは、FX業者によって違います。
日本では証拠金の25倍までの建玉しか立てられません。
しかし、外国のFX業者には400倍500倍のところもあります。
この倍率(レバレッジ)の範囲内で、自分でレバレッジを設定出来ます。

例えば、現在ドルが90円としますと。10万ドルドルを保有するためには、900万円必要です。
しかし、証拠金だけで10万ドル保有できるとすれば、どれだけ証拠金を収めると10万ドル保有できるでしょうか。

レバレッジ25倍までのFX業者(日本)だと、900万円÷25=36万円 の証拠金が必要になります。
しかし400倍の外国業者なら 900万円÷400=2万2500円 の証拠金で良いことになります。

もし、400倍の業者で10万円の証拠金を預けると約40万ドルの米ドルを買うことができます。
買った時が90円として、91円の時に売ると、約40万ドルは3600万円が3640万円で売れることになり、あっという間に40万円儲かってしまいます。

証拠金は10万円から50万円に増えてしまいました。
今度はその50万円を証拠金として、400倍のレバレッジで米ドルを買うと、20000万円(2億円)分買い玉を建てることができます。すなわち、約210万ドルの米ドルを取引出来ますので、また、1円上った時に売ると210万円儲かってしまうわけです。証拠金と合わせて約260万円になってしまいました。

僅か2回の取引で10万円が260万円になってしまうのです。
実際これをやっている人がいるのです。
なぜなら、10万円はいつなくなっても良いという考えで、取引すれば良いだけなのですから。
宝くじを買うよりは良い確率だと考える人も多いのです。

このようにFX取引の世界は、驚くべき世界なのです。

そして、なけなしのお金をはたいてFXの世界に飛び込み一文無しになってこの世界から消えていきます。

皆さん、必死になってFXで勝ち残ろうとする人は決してこのような無謀なことはしません。
自分の資金をきちんと管理することにより、適切なレバレッジを設定し、絶対に退場しないようにしているのです。

その目安は。

いろいろ先達の教訓から言えば、自分の資金を20分の1に分割して考えます。そして、1回の取引にはその20分の1がなくなっても良いだけの取引をします。
例えば、ドル円が100円だとします。1万ドルの買い玉を立てたとします。

すると、1円ドル円が下げると1万円損をします。2円下げると2万円損をします。
自分の資金が20万円だとすると、資金管理の上ではその20分の1すなわち1万円しか損することはできません。

ですから自分の資金が20万円のときは(あるいは20万円の人は)ドル円が買値よりも1円下がった時に損切りをするように設定しておきます。
もし2円まで損きり幅を広げたいのであれば資金は40万円必要です。

さて、このときのレバレッジはどのようになっているかといえば、20万円の時は、1万ドルすなわち100万円分の買い建てをするのですから、レバレッジ5倍となります。40万円ならレバレッジ2.5倍になります。

資金管理とレバレッジはこのような関係にありますので、自分が許容出来る範囲を予めしっかり決めておいて、その上で買い玉の数量を決めるか、損きり幅を決めるかをしなければなりません。

退場しないことがFX勝利への近道です

ツナギ売り実践塾「月額2,940円プラン」
つなぎ売り実践塾


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。