スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツナギ売りのやり方2

ツナギ売りのやり方2

前回は買い玉3枚売り玉3枚の保有をしている両建ての状態を説明しました。

さて、この買い玉3枚売り玉3枚は、ただ単に適当に売ったり買ったりしたわけではないはずです。

例えば、ドル円の買い玉が1枚あったとして、その買値は90円だったとします。
時を経て、80円に下がったとします。
これで含み損は10円となりました。
1枚10,000ドルとしますと、10万円の含み損です。

諸先生が方はどうしてもっと早く損切りしなかったのかと言います。
確かに早めの88円くらいで損切りをしておけば、2万円の損失ですんだのに、今では含み損が10万円にも拡大してしまいました。

でも、もし資金のある人でしたら、この80円に落ちた所で、ナンピンをするかもしれません。そして時が経てドル円は回復し92円まで上がったとしますと、80円で難平した買い玉は12万円の利益、はじめの90円の買い玉は2万円の利益となりました。
合計で14万円の利益です。

このような状況を考えてみると、相場は下がる一方ではありませんので必ず戻る場面もありますから、そこに狙いをつけて難平の戦略は十分考えられる戦略です。

為替の場合は、株式と違って国が相手なので、倒産する心配はありませんし、国が経済的におかしくなったときは、IMF国際通貨基金とかその他の有力な国々が支援するシステムが出来上がっていますので、一方的に下がってばかりということはありえないのです。

もちろん逆に上がってばかりもありませんので、難平戦略は有効な戦略なのです。

資金がいくらでも続くのであれば、難平を続けることが勝利をつかむ近道とも言えます。

しかし、無尽蔵に資金がなくても、両建てとつなぎ売りを駆使することによって、有効な難平戦略を用いることができます。

先の例でいきますと、90円で買いました。88円すなわち2円下がった所で、つなぎ売りをします。これでこれ以上の含み損を抱えて、証券会社からのマージンコールや強制ロスカットに怯えることはなくなります。

その状態で80円まで徹底的に下がるまで待てばよいのです。
そして80円の時にまた1万ドルの難平をすればよいのです。

この場合を考えてみますと、前者は10万円の含み損を抱えたままの難平ですし、後者の場合は2万円の含み損を抱えての難平です。
この違いはわかりますよね。
そうです、後者にはこころと資金の余裕があるのです。
ですから、仮に80円が反発地点ではなくて、更に70円まで下がったとして場合、前者の場合は、90円の買い玉の含み損が20万円、80円の買い玉の含み損が10万円と合計30万円の含み損で相場を貼らなければならないのに対して、後者の場合は、78円の段階でつなぎ売りをしますから含み損が2万円、先の含み損と合わせても4万円の含み損で住みます。

後者の場合なら4万円の含み損で余裕を持って70円で難平できるのです。
そうなれば、70円が74円になった時にはすでに含み損は0円となっているのに気がつくと思います。

これが仮に前者の場合ですと、74円になった時点でも26万円の損失を抱えたままになっています。

いかがですか?もし、両建て及びつなぎ売りのより効果的な使い方を身につけたなら、鬼に金棒ではありませんか。




「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(ファイルのみ)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」1年間アクセス権付き

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。