外国為替 レートはなぜ動く?

FX、外国為替レートとは?なぜ動く?


為替レートとは、違う2つの国の通貨の交換レートです。

一番馴染みのある通貨は米ドルと円のペアではないでしょうか。

例えば為替レートが1米ドル118円15銭だと

1米ドルと118円15銭を交換できます。

世界の基軸通貨はアメリカのドルです。

全ての通貨が米ドルのレートが基準になります。


為替レートは各国の通貨の需給によって為替レートが動きます。

為替レートが動く要因は色々とあります。

その国の政治、経済、金利政策、戦争、最近ではテロなどがあります。

これをファンダメンタルと言います。

ちなみに9.11の同時多発テロ時は米ドルは大きく売られました。

戦争が起これば有事のドル買いと言われます。

また通貨は投機目的でも取引されます。チャートを見ながら

今後の通貨の動きを予想して取引をします。

これをテクニカルと言います。

為替レートは、このファンダメンタルとテクニカルの

2つの要因で動いています。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック