円高 円安とは?

輸入企業は、原材料である石油や鉱石、木材などを購入しようとすると、ドル決済のため日本円を売ってドルに変えねければなりません。するとドル高円安になります。

日本で起業すると儲かりそうだと考える外国企業や個人がふえると、どんどん円が買われていきます。 しかし、日本よりも投資先として良い国があれば日本から資金を引き上げて(円売り)その国の通貨を買うことになります。そうなると、円安です。

日本が成長期にあると判断した外国人は、その時期に円を買いますね。すなわちドルなどを円に変えて日本の株式や債券を買おうとするわけですね。

円を買いたい時とは、輸出企業が社員に給料を払うとき、決算期でドルを円に変えなければならない時などがあります。 また、日本が成長期の場合、円を安い時に買って高い時に売るつもりがあれば、円は買いどきだと判断した投資家は円を買うでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック