スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両建てが可能なFX会社とは

両建てが可能なFX会社

FXの両建ては、そもそも次の3つの点でメリットがないということで、FX会社自体が認めていないところがかなりあります。

それは、

1 両建てしても、売りのポジションに対しても買いのポジションに対しても証拠金が必要になるので、資金効率が悪い。

2 両建てすると、売りと買いのどちらのポジションを立てたとしてもスプレッドがあり、片バリの2倍のスプレッドとなり、初めから不利です。

3 両建てすると、スワップ金利が必ずマイナスになり、解消するまでの期間分、スワップ金利の支払いが生じます。

という理由で、FX会社自体が[おすすめしておりません」と回答してくる例が多いのです。

そこで、このような会社であえて両建てすると、その時点で自動的に反対売買が執行されてしまいます。

すなわち、例えば、ドル円の買いポジションを1万ドル持っていたとして、さらに1万ドルの売りポジションを持とうとして注文を執行すると、持っていた買いポジション1万ドルの売り決済とみなされて、ポジションを解消されてしまうのです。

これでは、両建てできません。

このサイトで紹介する両建てのメリットを享受する事ができないのです。

そこで、両建て出来るFX会社はあるのでしょうか?

勿論たくさんあります。

主な会社だけ紹介しておきます。

GMOクリック証券
ヒロセ通商
IGマーケッツ証券
サイバーエージェントFX
外為どっとコム
セントラル短資FX
FXプライム
FXCMジャパン証券
ひまわり証券

などとなっています。

「勝率9割!損切り不要のFX投資術」&【エントリープラン編】(ファイルのみ)+会員制サイト「ツナギ売り実践塾」1年間アクセス権付き

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

香川春秋

Author:香川春秋
こんにちわ香川と申します。
株式、225オプション、FXなど投資歴30年、なんといってもこの生き馬の目を抜くという過酷な競争社会であるFX市場において、機関投資家やプロの挑戦と闘いぬき、負けないためのFXをやり通してまいりました。
現在73歳。まだまだ元気です。

最新記事

スポンサードリンク

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。